カードでお金は違法?
今すぐお金の手配ができるカード現金化は手頃な資金調達法だと知名度が広まりましたが、グレーゾーンを踏み込んでいることもあり違法性が高いと賛否両論です。

カードでお金は違法?それとも合法?本当はどっちなの?と答えを追求する人が多いのではないでしょうか。

果たして、正解はどちらなのでしょうか。

カードでお金の利用者とサービス提供をする現金化業者に分けて違法性について真実を述べていきましょう。

現金化は違法なの?

カードでお金は違法?
カードでお金の取引で最も気になることと言えば、法律上の問題をクリアしているかどうかではないでしょうか。

現金化は違法じゃないの?という意見が多いので検証してみましょう。

クレジットカード信販会社はショッピング枠を換金目的に使用することを許可していないので違法になるのでは?と心配される人は多いのではないでしょうか。

確かにカードでお金はクレジット会社の利用規約違反を犯して資金調達していますので、現金化をしたことが発覚しますと利用者は会員資格を剥奪され支払い残高をすぐに請求されることでしょう。

各クレジットカード会社の公式ホームを見てみますと現金化をしたら刑罰が課させられるということが書かれておらず、未だに利用者の中で逮捕されたことがある人はいません。

しかし、現金化業者は警察に検挙されており逮捕されてしまった理由は運が悪かっただけなのでしょうか。

悪いのは現金化業者だけ

カードでお金は違法?
カードでお金を利用した人は違法性のある資金調達法を利用したのにも関わらず法律で裁かれることがありませんが、現金化業者はどうして逮捕されてしまうのでしょう。

現金化業者の大半はキャッシュバック方式を用いて取引を行っています。

景表法によると何の価値もない商品を景品目的に販売してはいけません。

ここで言う景品はお金のことを意味していますので、現金化業者は現金目当てに品物を買わせていますので違法となるのです。

また、キャッシュバック方式の現金化業者は決済端末を導入しておりますので、自社商品をクレジットカードで買わせても決済代行会社から入金予定が把握できる為、事実上貸金業法を違反した金融業者として摘発されてしまいます。

しかし、悪いのは現金化業者だけなのでしょうか。

買取方式は違法ではない

カードでお金は違法?
カード現金化はキャッシュバック方式だけでなく、その他にも買取方式の取引もございます。

主に来店型の業者が買取方式を用いており、換金性の高い商品を現金化することで手渡しでお金が工面できます。

買取方式は現金化業者が導入している端末でクレジット決済を行うのではなく、取引業者が指定します正規のお店でカードで買物をし購入し商品を換金してもらうことで現金化できるのです。

買取方式の現金化業者は決済代行会社と提携しているわけではありませんので、商品を換金しているだけですから法律上問題がありません。

よって、買取方式は違法ではないと言えるのです。

しかし、買取方式の現金化を利用した人にはカード会社の利用規約違反以外に違法性を指摘されています。

買取方式で現金化をした人は違法

カードでお金は違法?
買取方式の現金化業者は古物商の資格を取得し、物を換金しているので違法性がありません。

しかし、カードで換金性のある商品を購入し現金化業者に買取ってもらう行為は、
クレジット信販会社を騙してお金を手に入れていると言われており詐欺罪だと指摘されています。

クレジット決済で購入した物はカード会社が代金の支払いを立替えていますので、
所有権はクレジット信販会社にありますので転売してしまいますと横領罪が課せられるかもしれません。

買取方式で現金化をした人は違法行為だと指摘されているのです。

カードでお金は利用者も現金化業者側もリスクを背負っているということがお分かりいただけたのではないでしょうか。