急な出費などで現金が必要なとき、便利な資金調達する方法のひとつがクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法です。

カードでお金を借りる方法であるキャッシングとは違う方法なのでキャッシング枠が使えない時でもカードでお金を調達できます。

ショッピング枠を利用する現金化は昔から行われており繁華街などでは「カードでお金」の看板を見かけることができます。

現在ではそういった店舗を構えている業者は少なくなりネットで完結する来店不要の店舗が増えてきています。

時間がないときや忙しい方は即日現金が必要なときは来店不要な現金化業者の利用が一番いい方法といえるのではないでしょうか?

時間がない時はカードでお金を調達する代行業者を利用する

カードでお金

ショッピング枠の現金化は必要な知識があればご自分でも行える現金の調達方法ですが、いかんせん手間とリスクを考えるとそれを個人で行う人はほとんどおりません。

ですからその一連の作業などを代行する現金化業者というものが存在するのです。

インターネットの普及により来店不要、手続きの簡素化が進み早いところでは申し込みから最短10分程度で振込される業者も存在します。

ではカードでお金を調達する上で業者を利用するメリットとデメリットとは何があるのでしょうか?

業者を利用するメリット

  • 即日現金調達可能
  • 審査、来店不要
  • 信用機関に登録されない
  • 金利がかからない

業者を利用するデメリット

  • 業者選び
  • 取引トラブル
  • 詐欺被害

カードでお金を作るならその日に現金が手に入りお店に出向く必要もない業者が大変便利なのですが、取引するところが悪徳業者だと現金が振り込まれないなどの詐欺被害に遭ってしまうこともあります。

またしっかりしたところを選ばないと取引トラブルにもなりかねないので業者選びが大変重要となります。

こうした悪徳業者と取引をしないためにも比較サイトなどで紹介されている業者を選ぶことが安全にカードでお金を調達する方法の近道になるといえます。

安全に取引さえすれば消費者金融と違いカードでお金を作る事はお金を借りることとは違うので信用機関に登録されることもなく利用額に関しては金利は掛かることはありません。

カードでお金を即日現金化する時の銀行口座

カードでお金に向いている銀行口座

業者と取引出来ても振込されないとカードでお金を調達したことにはなりません。

もし15時以降の申し込みの場合は注意が必要です。

銀行の営業時間は9時~15時ですのでこの間の振込であれば当日に現金か確保できますが、15時以降の振込はゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行など24時間対応の銀行口座を用意しておくと大変便利です。

業者も利便性を考慮して複数の銀行口座を用意していますし、以外にもメガバンクである三菱東京UFJ銀行は平日は18時まで入金確認取れる銀行なので知っておくと便利です。

土日祝日でもゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行などは入金確認できるのでカードでお金を調達するならゆうちょ銀行かネット銀行系の口座はひとつあった方が良さそうです。