Dollarphotoclub_81766054_6502

ここでは最新のカードでお金の仕組みをはじめての方でも分かりやすく解説いたします。

通常ではショッピング枠と言うだけあり買い物に使う機能ですが普段生活している上ではショッピング枠で現金を手にするにはいろいろと手間と時間がかかるので自分でする人はあまりいません。なのでクレジットカード現金化業者に申し込みをして現金化することが一般的といえます。

現在ではインターネットの普及により街で「カードでお金」や「現金化」の看板を掲げ営業している業者もめっきり減りました。

インターネット上で運営している業者がほとんどで営業スタイルも仕組みも変化してます。

時代の流れとともに様々な仕組みが生まれてくる移り変わりの早いこの業界ですので新たな情報を仕入れておくことは非常に有用なこととなります。

最新のカードでお金を作る仕組みとはどのようなものなのでしょう。

カードでお金を調達する仕組み

4445447

カードでお金とクレジットカード現金化は同じ意味の同義語となり、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化することを指します。

ですから融資などの資金調達と異なり審査がなくカードさえお待ちであれば誰でも利用できる大変便利なサービスと言えます。

例えばクレジットカードを契約したときショッピング枠の50万円、キャッシング枠30万円までとそれぞれ使える上限枠がもうけられます。

そのショッピング枠50万円を使い枠内で必要な金額を現金化します。

現金を調達するならキャッシング機能を使えば良いのですが、現金化利用者の多くがその機能が使えなかったりするのでショッピング枠を使ってカードでお金を調達します。

通常ではショッピング枠なので買い物に使う機能ですが普段生活している上ではショッピング枠で現金を手にするにはいろいろと手間と時間がかかるので自分でする人はあまりいません。

ですがもちろん個人でショッピング枠を現金化も方法はあります。

具体的に言えばカード決済できる商品で現金買取してもらえる場所があればどなたでも可能です。

ただし手元に残る金額をより多くするには手間と知識と行動力が必要となってきます。

なのでクレジットカード現金化業者に申し込みをして現金化することが一般的といえます。

ではどのようなモノを購入してカードでお金を調達するのでしょう?

現在存在する業者の多くが来店不要でメールと電話ですべてが完結します。なのでどこにいても現金化のサービスを受ける事ができるのです。

最新の業者は徹底的に手間を省いたシステムを採用しているので申し込みから振込まで昔に比べ早いのが特徴です。

カードでお金の仕組みは2つ

Dollarphotoclub_70774471_650

カードでお金を調達する際、方法がキャッシュバック方式と買取方式の2つあります。

それぞれメリット・デメリットがありますのでどれが自分にとって適しているのか見てみましょう。

キャッシュバック方式

自社で運営するもしくは関連通販サイトででキャッシュバック付き商品を購入して、特典として現金が還元される方式。

わかりやすく例えるとネット回線や携帯電話の契約成立でもらえるキャッシュバックのイメージです。

過去の事例からキャッシュバック方式そのものが貸金業とみなされているので登録貸金業者でもなければ違法な高利な闇金と変わりありません。

メリット

  • 指定されたサイトで商品を購入するだけ
  • 商品購入が確認でき次第振込みなので入金ベースが早い
  • 業者によるが宅配物がなく自宅で受け取る手間がない

デメリット

  • クレッジットカード情報を提示することがある
  • 過去に逮捕者がでた
  • 振込されないや数回にわけて送金してくる業者もいる

買取方式

業者が指定した商品を購入して買取ってもらい換金する方式。

買取商品は世の中に流通していて需要の高い商品であることが多いので買い取られない心配はありません。

昔からある方式だが最新の業者ではウェブ主流になっておりネット上の商品なので受け取りと発送がメールできる。

メリット


  • ある程度換金率が適正か判断がつきやすい
  • 逮捕者がてていないので違法性は低い
  • 一般的に買取できる商品のやり取りなので換金率は安定している

デメリット


  • 以前に比べて飛躍的に入金ベースは早くなったが即金できないケースもある
  • 業者の知識、手法次第でカード会社に目を付けられることもある
  • 買取してもらえないと現金化にならないのでそれを逆手に安く買い叩く悪質業者もいる

カードでお金を作る手順

pict-Dollarphotoclub_89961227

ここでは例としてキャッシュバック方式の手順をご紹介します。

  1. ネットから電話かメールフォームで申し込み、メールの場合は折り返しの電話を待つ
  2. 不正防止のため、本人確認書類を提示する
  3. 業者から指定された商品をクレジット決済でオンライン購入する
  4. 購入の確認が取れた後、指定の口座へ振込み
  5. 業者からの商品を受け取る

買取方式の場合だと3.と4.の間に商品の受け取りと発送がありますが最新の買取方式ですとオンライン上で完結できるシステムを採用している業者がありますので郵送の手間はありません。

申し込み方法は電話で直接連絡するか、メールフォームから申し込むことになります。

電話の場合は営業時間を必ず確認してから連絡する。

メールは24時間受付ですが、24時間営業の店舗でも深夜帯だとすぐ折り返しの連絡が来る業者もあれば来ない業者もあります。

本人確認の書類を携帯で撮影して画像を送信することになります。

本人確認完了後、指定された商品を購入しますが業者によって購入するものはさまざまです。

購入が確認できた後に指定の口座に換金額が振り込まれます。

最新の業者はネット主流ですべてが完結

bsMAX_sumahodon20141025170110_R

利用者も業者も効率的に無駄を省くことでより良いサービスを受けることができます。

一昔前は来店しなければいけませんでしたが、それがネット上の店舗に変わり、商品の受け取りや発送までもメールひとつで済んでしまいます。

例えばキャッシュバック方式で言えば、少し前までアクセアリーや小物などなるべく小さく受け取りやすい物が商品として指定されてきました。

しかしネット上で受け取りができたら利用者も手間がなく便利です。

なので最新の業者はウェブ上で存在する商品を売ってます。

具体的には画像データや何かに関する情報です。

こういったものは受け取りがメールでできるので利用者も自宅で受け取らずに済みますし、業者も発送の手間が省けます。

また、買取方式で言えばウェブ上に存在するギフト券が主流になります。

具体的にはアマゾンサイトで利用可能なアマゾンギフト券です。

コンビニなどでも売られているものと一緒ですが、金額も指定ができてメールの送受信が可能なのでどこかに買いに行く必要もないですし商品が届くのを自宅で待つ必要もありません。

実質換金率と表示換金率の仕組み

カードでお金 換金率

カードでお金を調達した時やはり気になるのが換金率です。

換金率の計算方法は

換金率(%)=振込額÷クレジット決済額×100

ですが、厳密に言うと振込額から手数料、消費税などいろいろ引かれてネットなどで表示されている換金率と実質換金率は下がっていきます。

これは換金率を下げた分だけそれが業者の儲けになるから様々な理由をつけて振込金額を下げてくるのです。

なので適切でない額の手数料を引く業者も少なくありません。

業者はあくまでも諸手数料を引いていない振り込み額を換金率として提示してくる事が多いので振り込まれた額面を見て利用者は損をしたと思ったり後悔する取引をしてしまったと思います。

そして口座に入金される金額で実質換金率90%以上はありえません。

いくら優良な業者でも実質換金率90%以上は不可能です。

 広告の表示換金率の仕組み

換金率96%など、どの業者も高い換金率を掲載していますが何度も言いますがそのような換金率での利用はできません。

できたとしても入金金額は違ったものとなります。

言い分としては最大や最高などと必ず書いてあるので条件を満たせば可能とつたえられます。

利用額が200万や月の利用回数などかなりハードルが高い内容なので満たす対象者がいるのか疑問に思えるくらいです。

ではなぜそのような高換金率を掲載するのでしょうか?

業者はお客さんがいなければ商売になりませんから集客のために誇大広告とも捉えられる掲載を続けるのです。

ですから優良な業者ですら表示換金率と実質換金率の間に誤差が生じてしまうのです。

〈ケース1〉換金率95%でも実際は低い%のカラクリ

もしショッピング枠10万円換金しようとして、利用しようとする業者のサイトには換金率95%と書いてありそのその通り話が進むとします。

¥95,000÷¥100,000×100 = 95%

計算するとこうなりますが、ビジネスとして成り立たないので95%で換金する業者はまずありえません。

換金率を下げるために手数料、内税などの名目を計上してきます。

例えば振込みされる金額から決済手数料20%、内税8%という名目で引かれたとすると、振込みされる金額(¥90,000)から決済手数料で20%(¥18,000)引くと¥72,000です。

内税として決済手数料を引いた振込金額(¥72,000)から8%(¥5,760)を引くと¥66,240です。

¥90,000-¥18,000〈手数料〉-¥5,760〈消費税〉=¥66,240

これは実際に振り込まれる金額で換金率は66.24%です。

引かれる項目と金額はそれぞれ業者によって異なりますので実際に振り込まれる金額まで確認が必要です。

〈ケース2〉換金率93%がとんでもないことに

各現金化業者には利用規約となるお店のルールが存在します。

業者を利用するといことは規約に同意したものとしてみなされますので注意が必要です。

もし同意ができないのであれば違う業者を選べば良いだけなのですが、そもそもサービスや商品などには必ず規約が存在しますがすべての人が熟読するかといえばしない人のほうが圧倒的に多いはずです。

なので94%の換金率だったのに振り込まれた金額が実質換金率60%以下でも規約に”換金率は告知なしに変更します”と記載があればそれは規約上同意したことなので業者は責任を取りません。

なのでこれを悪用した詐欺まがいな業者は換金率などあってないようなものなので利用は避けましょう。

ここまで悪質な業者は稀ですが実際に行われていた手口です。

実質換金率の相場

5464656

実質換金率の相場は60%~80%前後です。

しかし相場を下回る実質換金率で取引をするケースも報告されており60%を下回る業者もあります。

問い合わせの時点である程度振り込み金額や換金率を伝えてくれる業者は親切ですが、手続きが進むと入金直前になり手数料や内税という理由で振込金額から額面を引いてきます。

業者も商売ですから手数料などは仕方のないことですが、そういった項目が適切で納得できるものなのかが大事です。

さらに残念で悪質なのは何も言わず全然違う金額を勝手に振り込んでくる業者です。

こういった詐欺まがいの業者を利用してしまうと結果的に利用者が泣き寝入りするケースが少なくありません。

ご利用金額にもよるのですが実質換金率75%以上が優良と言える範囲でしょう。

顔が見えない分カードでお金の性質上どうしても悪質な業者が存在してしまいます。

カードでお金を得ようとする行為がグレーなので業者が国の認可を受けたり特別な免許を持ったりとすることは今後もありません。

利用者を守るための法整備やガイドラインがあるわけではないので自身で見分けていく必要があります。

ではどのように見分ければよいのでしょうか?

カードでお金は違法?それとも合法?本当はどっちなの?

カードでお金は違法?
今すぐお金の手配ができるカード現金化は手頃な資金調達法だと知名度が広まりましたが、グレーゾーンを踏み込んでいることもあり違法性が高いと賛否両論です。

カードでお金は違法?それとも合法?本当はどっちなの?と答えを追求する人が多いのではないでしょうか。

果たして、正解はどちらなのでしょうか。

カードでお金の利用者とサービス提供をする現金化業者に分けて違法性について真実を述べていきましょう。

現金化は違法なの?

カードでお金は違法?
カードでお金の取引で最も気になることと言えば、法律上の問題をクリアしているかどうかではないでしょうか。

クレジットカード信販会社はショッピング枠を換金目的に使用することを許可していないので違法になるのでは?と心配される人は多いのではないでしょうか。

確かにカードでお金はクレジット会社の利用規約違反を犯して資金調達していますので、現金化をしたことが発覚しますと利用者は会員資格を剥奪され支払い残高をすぐに請求されることでしょう。

各クレジットカード会社の公式ホームページを見てみますと現金化をしたら刑罰が課させられるということが書かれておらず、未だに利用者の中で逮捕されたことがある人はいません。あくまでも規約違反であり法律違反ではないのです。

しかし、現金化業者は警察に検挙されており逮捕されてしまった理由は運が悪かっただけなのでしょうか。

悪いのは現金化業者だけ

カードでお金は違法?
カードでお金を利用した人は違法性のある資金調達法を利用したのにも関わらず法律で裁かれることがありませんが、現金化業者はどうして逮捕されてしまうのでしょう。

現金化業者の大半はキャッシュバック方式を用いて取引を行っています。

景表法によると何の価値もない商品を景品目的に販売してはいけません。

ここで言う景品はお金のことを意味していますので、現金化業者は現金目当てに品物を買わせていますので違法となるのです。

また、キャッシュバック方式の現金化業者は決済端末を導入しておりますので、自社商品をクレジットカードで買わせても決済代行会社から入金予定が把握できる為、事実上貸金業法を違反した金融業者として摘発されてしまいます。

顧客がカードで購入した商品の中身について送られてくるまで知らなかったことや、取引金額が商品価値と比べて極端に高額なことなどから、売買は形式的な取 引と認定。さらに、業者側はカード会社側から確実に入金される仕組みで、「実態としては差し引いた代金の一部を利息とする貸金業に当たる」と判断した。

しかし、悪いのは現金化業者だけなのでしょうか。

買取方式は違法ではない

カードでお金は違法?
カード現金化はキャッシュバック方式だけでなく、その他にも買取方式の取引もございます。

主に来店型の業者が買取方式を用いており、換金性の高い商品を現金化することで手渡しでお金が工面できます。

買取方式は現金化業者が導入している端末でクレジット決済を行うのではなく、取引業者が指定します正規のお店でカードで買物をし購入し商品を換金してもらうことで現金化できるのです。

買取方式の現金化業者は決済代行会社と提携しているわけではありませんので、商品を換金しているだけですから法律上問題がありません。

よって、買取方式は違法ではないと言えるのです。

しかし、買取方式の現金化を利用した人にはカード会社の利用規約違反以外に違法性を指摘されています。

買取方式で現金化をした人は違法

カードでお金は違法?
買取方式の現金化業者は古物商の資格を取得し、物を換金しているので違法性がありません。

しかし、カードで換金性のある商品を購入し現金化業者に買取ってもらう行為は、
クレジット信販会社を騙してお金を手に入れていると言われており詐欺罪だと指摘されています。

クレジット決済で購入した物はカード会社が代金の支払いを立替えていますので、
所有権はクレジット信販会社にありますので転売してしまいますと横領罪が課せられるかもしれません。

買取方式で現金化をした人は違法行為だと指摘されているのです。

カードでお金は利用者も現金化業者側もリスクを背負っているということがお分かりいただけたのではないでしょうか。