クレジットカード現金化をご利用の際は店舗によって、それぞれ取引方法が異なりますので利用者は契約内容に従わなければいけません。

カードでお金を商売としている企業が主に取り入れているのはキャッシュバック方式ですが、誓約の際は現金化業者から購入した物を納品する義務があります。

クレジットカード現金化業者が行っているキャッシュバック方式は、販売されている品をお買い上げいただき特典としてお金が景品の代わりにですので、利用した人は原則として品物を受取らなければいけません。

このキャッシュバック方式を巡ってカード現金化の販売品は問題視されているようで、サービス提供者側が法律違反と見られているのです。

その商品大丈夫?違法性が高いキャッシュバック現金化業者と契約しているかもしれません。

現金化 商品

キャッシュバック方式は違法?

カードでお金はお店によって扱われている商品が様々で、キャッシュバック方式の現金化サイトと契約を交わすのであれば品物がないと不正取引となってしまいます。

また、納品をしなくて済むからといって販売品が無い現金化業者と交渉するのも裏取引とも言える行為となりますので止めてください。

どの現金化業者と合意の上で契約をしたとしても、キャッシュバック特典付の商品は重要な物となりますので扱っているか確認する必要があります。

とはいえ、キャッシュバック方式は違法ではないの?と意見する人もおり批判の声が多く殺到しているようです。

現金化 商品

景品表示法に関わる

世間からキャッシュバック方式が叩かれている理由は景品表示法に関わるからだと言われているだけでなく、現金化業者の売り物は転売している品ばかりだからです。

何の価値の無い品物を景品(現金)目的に買わせようとしている行為自体が景表法に背いており、100円ショップで買われた商品を何食わぬ顔で自社製作品としてセールするのは明らかに法律に触れています。

契約者は買われた商品が届かず違った物が配送される事実を知りませんが、事前に何が到着するのか確認しておかなければなりません。

未だかつてカードでお金をした人が犯罪者として逮捕されたことはありませんが、違法性がある現金化業者と関わりを持つことに変わりはありませんので、キャッシュバック方式のお店と結託していると思われてしまう可能性があります。

現金化 商品

キャッシュバック方式では利用しない

結論から申しますとキャッシュバック方式を取り入れた現金化サイトとの契約は、違法性が高い商品を買わされる恐れがありますので止めた方が良いというのが無難なのかもしれません。

現金を手に入れるまで多少時間は掛かりますがカードでお金をするならば買取方式が妥当だと言えるのではないでしょうか。

買取方式は価値ある商品を現金化業者が買取る仕組みとなっておりますので、物に寄りますが売買が成立しますので違法性は全くありません。

但し、古物商がある店舗と取引に応じることが大切ですので信頼できるというだけの理由では交渉しないでください。

キャッシュバック方式の実態は分からないことだらけで、利用者に災いが降りかからないとは断言できないので取引先の選定は買取方式に限ります。

現金化はキャッシュバック方式では利用しないというのが適切です。

現金化 商品