2010年6月に貸金業法が改正され総量規制が施行されるようになり、今までのように簡単に消費者金融での借入ができなくなりました。

キャッシングができたとしても年収の3分の1までしかお金を借りることができなくなったのをきっかけに、クレジットカードを使った現金化が流行し始めたのです。

クレジットカード現金化は、今までローンを組むことができなかった人にとっては、貴重な資金策ということで非常に人気を集めております。

この資金調達法は、最近になってようやく知名度も広が使われる方も増え始めているようですが、随分と昔からあるサービスのようです。

では、クレジットカード現金化の歴史を振返ってみましょう。

クレジットカード現金化 歴史

現金化サービスはいつから始まったのか?

お金を工面したい時には、自分の貯金を崩せば現金を用意することができますが、誰にでも蓄えがあるわけではありませんので、サラ金などを利用し借りたりします。

そんなことができたのも2010年までで、貸金業法が改正されてからは誰もが簡単に借入をすることができなくなりましたので、そんな時に実用的なのがクレジットカード現金化です。

とはいえ、そもそも現金化サービスはいつから始まったのでしょうか?

1980年代からクレジットカード現金化は始まったといわれておりますが、今のようにネットで取引ができるお店はなく店頭で行う来店型のみしかありませんでした。

1995年頃にWindows95が発売されたのをきっかけにネットを通じて申込みができる現金化サイトが増え、2000年代になって急激に店舗が多くなったと言われております。

クレジットカード現金化 歴史

現金化は長く続いている業者を選ぶのが妥当

世間で長年続いている企業は長期に渡って営業ができている証であり、社会的に信用があるということが分かります。

クレジットカード現金化も同様に利用者から信頼されているお店は長年経営が続いており、リピーターも多く大変人気を集めているのです。

現金化は長く続いている業者を選ぶのが妥当ではないでしょうか。

長期経営ができている理由に先程も申し上げましたように信頼を寄せられていることが分かっておりますので、間違いなく悪徳業者ではありません。

クレジットカード現金化では、高換金率を提供している店舗が優良店だと解釈されておりますが、それは誤った情報で却って高い設定をしているのは集客目的の宣伝にしか過ぎず、実際はとんでもなく低かったということがよくあります。

クレジットカード現金化 歴史

歴史ある現金化業者は優良店

2000年には逮捕業者が出ている位で、悪徳現金化業者が人々を陥れて長い間経営できる訳が無く警察に検挙されています。

クレジットカード現金化業者の中には老舗店があり、長年に渡り運営しているだけあってユーザーからの信頼も厚く顧客数も多いです。

いつの日からグレーゾーンと言われるようになったカードの現金化は、悪質店の存在が気がかりな資金策になってしまいました。

その為、利用したくても騙されてしまうのを恐れて取引するお店の選定に時間外かかってしまい、結果的にサービスに納得できない現金化サイトとの契約になってしまった人もいるでしょう。

老舗のお店であれば、そんな要らぬ心配なく安心してクレジットカード現金化サービスを受けることができるはずです。

歴史ある現金化業者は優良店であることは確かなことですので、会社概要などを見るなど確認をしてから利用店舗を決めると納得の資金策ができるのではないでしょうか。

クレジットカード現金化 歴史