カードでお金の現金化は、取引するお店が定めた換金率によって送金される額面が決まります。

カード現金化を行っているサービス会社の換金率の数値は全て異なっておりますので、契約を交わすお店によって受取る額面が変わってしまうのです。

誰もが、使用するクレジットカードのショッピング枠は小額で現金化をしたいでしょうから、高換金率で設定している店舗を選ぶでしょう。

現金化業者が公開しているホームページの換金率を見て納得し、実際に申込みをしてクレジット決済が完了し、後は取引会社から送金されるのを待つだけです。

銀行やコンビニのATMで着金された額面を見てみますと、ネットで見た換金率とはかけ離れた金額が振込まれていたという事実もあります。

高還元率であるはずなのに、どうして振込まれた額面は換金率通りにならなかったのでしょうか。

カード 現金化 換金率

高換金率通りには利用できない

カード現金化は、公式ホームで高換金率表示されている業者が、利用を検討している人から選ばれることが多いことでしょう。

現金化サイトによっては、最高もしくは最大という様に表記の仕方が異なっており95%以上となっていることばかりです。

実際に契約を結び指定の銀行口座に送金してもらい入金確認をし、ご利用ショッピング枠に対しての換金率を自身で計算してみますと、かなり低い換金率であることが分かりました。

カード現金化業者によって引き下げる換金率は様々ではありますが、70%前後にされてしまうこともありご納得されない方が多いでしょう。

キャンセルをしたいと申し出たとしても、クレジット決済後の契約解除はできないと断られることが多く、例えできたとしても入金された額面を先に取引した現金化サイトに返金をしなければなりません。

どうして、カード現金化は高換金率通りには利用できないのでしょうか。

カード 現金化 換金率

手数料が差し引かれる

高い換金率設定であるから申込みをしたのにも関わらず、実際はもの凄い低かった等クレジット現金化で苦い経験をされた人も多いと思います。

カード現金化では、どのサイトも必ずと言っていいほど手数料が差し引かれることが多く、実質換金率はホームページに表記されている数値とはかけ離れています。

手数料といっても送金費用や取引をする際、送られてくる商品の配送代といったほんの僅かな料金なら妥協できる範囲ですが、不透明な料金や定かでない手間賃がかかるなど納得できない取引で終ってしまうことが多いです。

カード現金化業者が公表している換金率はさじ加減で決められてしまうこともあるようで、初心者の方々は言われるがままに合意してしまいます。

表示されている換金率は必ず変動する数値だと思っていただき、高ければ高いほど低くされてしまうものだと認識してください。

カード現金化業者が提示している高換金率には騙されてはいけません!

カード 現金化 換金率

表記されている換金率は手数料込みの数値

クレジット現金化は換金率が醍醐味となる資金調達法なので、換金率が高い業者は人気を集めます。

但し、先程も申し上げましたように取引の際は確実に手数料を引かれてしまいますので、現金化業者の思うがままの契約となってしまうことが多いです。

最高もしくは最大と表記されている換金率は手数料込みの数値と思っていただき、高く表示している現金化サイトは間違いなく低く見積もられることでしょう。

低い換金率になると60%代まで引き下げられることもあるようで悪質とも感じる現金化業者も多いので、まずはカード現金化をするなら契約を考えているお店に申し込む前に問い合わせをして正確な換金率を確認しましょう。

恐らく、曖昧な返答をする現金化業者ばかりだと思いますが、中には的確にな数字で答えてくれる店舗もございますので、そういうお店と契約することを心掛ければ、後悔することはありません。

カード 現金化 換金率