今やすぐに現金調達できる資金策としてカードでお金のクレジット現金化が世間では知られています。

手頃に利用できる資金繰りという点からクレジットカードのショッピング枠を現金化に使われる方が多くなりました。

気になることとしてはグレーゾーンと呼ばれていることから違法性もある資金策とも言われておりカード現金化をして警察沙汰にならないか心配だという声もあります。

カードでお金は逮捕されることだけが気掛かりです。

カードでお金 逮捕

現金化はカード会社への利用規約違反

一時的にお金が必要だからといってカードでお金をしてトラブル事に巻き込まれてしまったらたまったものではありません。

クレジット現金化は通常のショッピングだとは何ら変わりはないと言われていても違法性が高いとも言われており利用した後は不安になることでしょう。

実際に現金化はカード会社への利用規約違反を犯しているのは事実です。

間違いなく合法ということであれば誰もが安心して使える資金策と言えますが不安要素ばかりが残ってしまうのが気になる所でしょう。

カードでお金は利用規約違反というだけでなく他にも違法性を問われる問題点も多く真相は一体どうなのでしょうか。

カードでお金 逮捕

カードでお金をすると詐欺罪と横領罪に該当

クレジット現金化はカード会社にばれなきゃ良いって思われている方が大勢いらっしゃいますが法律上に関わる問題点があるのです。

よく言われがちなのは出資法違反ということで利用者側が逮捕されるわけではありませんが犯罪行為に関わったという点でモラルに欠ける部分はあります。

その他にもクレジット現金化は犯罪に加担している気がかりなことがあるのです。

カードでお金をすると詐欺罪と横領罪に該当していると言われています。

カードでお金 逮捕

お金を詐取しているから詐欺罪

本来クレジットカードは買物をや飲食店での代金を支払う為に使用が許可されているもので現金化目的の利用は認められておりません。

クレジット現金化をすることは同時にカード会社からお金を詐取しているから詐欺罪に該当します。

カードの発行会社はショッピングをするものと欺き現金を手に入れる為に使用しているだなんて思いません。

現金化業者だけでなく利用者側もカード会社を騙している行為だということをお忘れなく。

カードでお金 逮捕

勝手に転売しているから横領罪

カードでお金は詐欺に関与しているだけでなく他にも犯罪に加担しています。

クレカで何かしらの品物を買われた際は代金はカード会社が肩代わりしている状況ですので所有権は名義人様にはございません。

買取方式の現金化をする場合は対象品を売ることでお金を手に入れるわけですから人の物を勝手に売却しているのと意味合いは同じことです。

よって勝手に転売しているから横領罪に該当します。

カードでお金 逮捕

違法性が高くても利用者の検挙数は0件

これだけの違法性が備わっている資金策ですのでカードでお金をするのは止めた方が良いかもと考え直す人が出てくるでしょう。

実際にクレジットカード現金化業者が警察に逮捕された前例はありますし利用者もいつ同じ目に遭うかわかりません。

そんなこともありカードでお金は逮捕されることだけが気掛かりな資金策となってしまいますが、昔から未だに利用した人が法で裁かれたことがないのです。

クレジットカードを使った現金化は違法性が高くても利用者の検挙数は0件となっており取り締まることができないのが現状となっています。

カードでお金 逮捕