資金繰りをしたい時に利用される人が多くなりました『カードでお金』のクレジット現金化ではありますが、専門用語が多かったりと聞き慣れない言葉があり初心者の方ですと戸惑ってしまうこともあるのではないでしょうか。

契約する業者によって取引方法が異なっておりますので『当店はキャッシュバック方式です。』や『買取方式でやらせていただきます。』と言われましても何のことって思われることでしょう。

一体、カードでお金を作る方法って何種類くらいあるのでしょうか?

カードでお金を作る方法

主なカードでお金を作る方法

取引する現金化業者によって異なってくるのは、1)換金率、2)入金時間、3)取引方法ではないでしょうか。

悪質現金化業者との契約を結んでしまった場合、換金率を引き下げられてしまうことはありますがどの店舗もさほど差はありません。

入金時間は取引方法によって早さが変わってきますのでお急ぎで現金がご必要な方には『キャッシュバック方式』を選んでいただき、お時間に余裕があり個人情報をあまり教えたくない方は『買取方式』を選定してください。

上記に書かれている二つの方式が主なカードでお金を作る方法です。

では、クレジットカード現金化では主流の二通りの方式について解説いたしましょう。

カードでお金を作る方法

キャッシュバック方式

カード現金化業者の過半数がキャッシュバック方式を取り入れたサービス提供を行なっていると思われます。

この方式は契約する業者が指定するネットショップでクレジット決済にてお買物をしていただき購入した商品の景品がキャッシュバックとなり現金を手に入れることができます。

お買い上げいただきました品は後日指定した場所に到着いたしますので必ず受領してください。

商品を受け取ることは利用者が原則的にしなくてはいけないことで義務付けられています。

カードでお金を作る方法

買取方式

買取方式は現金化業者が指定した換金性のある品物をクレジットカードで購入することから始めます。

店頭に出向く場合もありますが電話かネットで注文することが可能です。

買われた品物は現金化業者が指定する所在地へ配達へしていただき現物が到着次第鑑定となります。

鑑定後はご指定の金融機関は送金となりますが、その際は身分証明証を提示しなくてはなりません。

以上が主なカードでお金を作る方法です。

カードでお金を作る方法

共通点

二つの現金化の方法には共通点があります。

  • クレジットカードに与えられたショッピング枠残高を使う
  • 身分証明証証が無くては契約ができない
  • 現金の受け取りは本人名義の銀行口座でなくてはならない
  • カード会社へは一切口外しない

以上の項目は最低限必要になることでカードでお金をする前は必ずショッピング枠が残りいくら使えるのか確認してください。

自分の物だから残高くらいは把握していると過信せず正確な額面を確認する必要があります。

身分証明証はクレジットカードの不正利用防止の為契約者には必ず提示していただくことになるでしょう。

指定の金融機関はどれでも良いと言われてはおりますがトラブル防止を未然に考え本人名義のものでなければ送金されません。

契約業者は口うるさく言うことだと思いますがカード会社へは口外してはなりませんのでお気をつけください。

これらのことをお守りいただいた上でどちらのカードでお金を作る方法を選んでいただければと思います。

この他にもクレジットカード現金化の種類はございますが、そちらに関しては追々紹介するとしましょう。

Dollarphotoclub_66731899_650